トマトの育て方の基本とトマトの驚くべき効能

土壌を乾燥させてあげることがトマトの育て方のコツ

きちんと育てたいなら知っておくべき!肥料と堆肥の違い

肥料

肥料の目的は植物へ栄養をあげることです。チッ素やリン酸、カリなどが主な成分となります。チッ素は、葉や根に効く成分で、リン酸は花や実に効く成分、カリは根に効く成分となっています。肥料には、大きく分けて有機肥料と化成肥料の2つがあります。

堆肥

堆肥の目的は、土壌の質を上げることです。土壌を元気にすることで結果的に植物も元気にはなりますが、基本的に植物そのものに栄養をあげる役割はありません。堆肥をあげることで、土壌の水はけを良くしたり、保水性を良くしたりすることができます。

家庭菜園で育てやすい野菜TOP3

no.1

ミニトマト

家庭菜園で一番育てやすいといわれている野菜は、「ミニトマト」です。育てやすいだけではなく実もたくさんつけてくれるので、そのまま料理に使うことができます。ミニトマトの品種はたくさんあるので、育てやすく自分の好みのミニトマトを選んでみましょう。

no.2

シシトウ

ミニトマトの次に育てやすい野菜は、「シシトウ」です。シシトウはトウガラシの一種です。シシトウもミニトマトと同じようにたくさんの実がつくので、育てていて楽しい野菜といえます。シシトウの煮浸しや焼きびたし、炒め物などがシシトウ料理の定番として挙げられます。

no.3

ピーマン

3番目に育てやすい野菜は「ピーマン」です。育てていると最初に白い花がついてそのあとに実がなります。収穫のタイミングを逃してしまうとそのまま色づいて腐ってしまうので注意が必要です。ピーマンの仲間であるパプリカも育てやすい野菜として高い評判を得ています。

トマトの育て方の基本とトマトの驚くべき効能

野菜

トマトの栽培時期

トマトは、4月後半から5月にかけて植え付けや植替えをすることが基本となっています。収穫時期は6月中旬頃から8月後半頃までが最適です。トマトの育て方ですが、トマトを育てるときは始めに種まきと土作りから行います。そのあとに植え付けをして、育ってきたら支柱立てや仕立てをしてあげます。肥料選びや病害虫対策も重要です。事前にしっかりと調べて育て始めるようにしましょう。

トマトを育てるときの基本

トマトは南米のアンデス高原が原産地となっています。そのため、乾燥していて昼夜の温度差がある気候で育てやすいとされています。乾燥した土壌を好むトマトを育てるときは水分の制御に気をつけるようにしましょう。排水を良くして雨を対策するなどの工夫が必要です。

トマトの効能

トマトには、豊富な栄養素が含まれていて、毎日食べることで健康的な生活を送ることができます。トマトに含まれる栄養素の中でも有名なものがリコピンです。リコピンは強い抗酸化作用を持っていることが特徴で、生活習慣病の原因を防いでくれる役割があります。他にもビタミンAやビタミンC、カルシウムや食物繊維など、身体に必要な栄養素がたっぷりあるので、育てて食べる野菜としては最適といえるでしょう。

広告募集中